FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族のもとに 

ここで暮らした一人の子どもが、母に手を引かれて車に乗り込みお家に帰っていきました。
ここでの暮らしはその日で最後。これからは家族のもとで暮らします。

当日、どうしても見送りに参じることができなかった私は、その前日、その子に微笑みながら何も言わずに見つめて
ぎゅっとしてあげました。
その子も、もうカッコいいお兄さんになろうとしているので、抱っこという感じではありません。
でもなにかを感じたのでしょうか、その子も何も言わず、その後も私をすこし見つめ返しました。

これからはお父さん、お母さんと一緒です。
施設に入所する理由は様々ですが、早く子どもと一緒に暮らそうと頑張っておられる保護者の方々はたくさんいます。
私たちはそんな方々の想いを子どもたちに繋ぎ、絆をより一層強めていこうと努力しています。

こうして子どもたちがお家に帰っていくのは本当に嬉しいことですし、保護者の方々の愛情と努力の賜物。
これからの人生が、ご家族とともに幸せであることを祈るばかり。

「元気でねっ!」

喜びと少しの寂しさが入り混じるときです。


寮長

夏休みが始まりました♪ | Home | 何気ない約束を届けてくださいました ~ あたたかい見守りに感謝 ~

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。